(目次) □高齢者・障がい者の自立支援 □食の安全・食育の支援 
 NPOみらいまちネットは、「生きがいのある生活」支援活動として、高齢者・障がい者福祉、学校教育・社会教育の推進、食生活の改善などの支援活動をしています。
地域に根ざした活動を行政と事業者、ボランティアが協働して推進します。
 
 高齢者・障がい者をはじめ地域の方々に対するパソコン・インターネット教育の支援活動を通して自立支援や生活ネットワークづくり、情報格差の防止に取り組みます。
生きがいや安全・安心の生活をテーマにしてイベントやセミナーなどを開催して高齢者の生活向上の支援活動を行います。
高齢者のパソコン教室、障がい者のパソコン教室 
 「はるびボランティア」が、毎月第2・第4金曜日に、春日市社会福祉センターのボランティアルームで開講しています。
・高齢者のパソコン教室:14:00〜15:30
・障がい者のパソコン教室:16:00〜17:00

・カリキュラム:初心者コース、中級コース 
 
 
 健康に良い無農薬有機栽培野菜や自然食品の紹介や料理教室の開催、産地直送による店頭・インターネット販売などを行い、安全な食品の提供・食生活の改善・食育などの支援活動を行います。 
 くまもと有機の会と提携して、無農薬・減農薬・有機野菜を春日市のいきいきフェスタのバザーに出店して産地直送販売をしています。
 ・春日市の「いきいきフェスタ」のバザーに出店
  毎年10月の第4日曜日
春日市の公民館で、福祉ボランティアと協働して、土曜朝市の野菜の仕入れや販売をしたこともあります。

食の安全料理教室の開催
 
 食品の安全・食育のセミナーを開催しています。
 食品の安全セミナー:「くまもと有機の会」の食の安全講習に参加し、現地の生産者の米・野菜栽培を見学します。
 ・春日市の公民館で、食の安全セミナーを開催したり、料理教室を開いたりして食育の啓蒙をしています。
食の安全・食害について紹介しています。
・環境問題、農薬使用食品の身体への影響、狂牛病の食肉問題、遺伝子組み換えの生態系への影響、そう言う問題を考えたオーガニック食品について整理して紹介しています。