春日西中校区のコミュニティ・スクールの取組み
コミュニティ・スクール(地域運営学校)は、学校運営協議会(学識経験者や地域住民代表、保護者代表、行政)が校長と責任を分かち合いながら、学校運営に携っていくシステムで、地域ぐるみの学校づくりを実現することを目指してします。学校運営協議会(西中コミュニティー協議会)を中心に、教育ビジョンの共有化を図りながら、学校・家庭、地域のそれぞれの役割を再確認し、連携を強化する取組みを実践しています。
1.学校、家庭、地域の役割(コミュニティ・スクールの組織構成の概念図)
 
2.春日西中学校コミュニティ・スクールの取組み経緯

平成18年

コミュニティ・スクールの指定 1学校運営協議会が有効に機能し、サポート地域本部が設置され、学校と5自治会との信頼が深まり、相互の支援活動が活発化し連携が強くなった。
2)西中校区自治会役員研修会での熟議、西中地域後援会の設立などで地域の理解と支援が強まり、学校と自治会・地域、PTAとの協働体制の構築が進んだ。

平成19年

学校運営協議会設置

平成20年

西中サポート地域本部の設立
平成22年 ・西中地域後援会の設立
・西中校区 自治会役員研修会(熟議)
 

平成23年

・春日西中ブロックコミュニティ・スクールの取組み
   <WBC学校教育構想>
「地域とともに生きていく児童・生徒の育成」
・西中校区スポーツ交流(グラウンドゴルフ大会)
1)西中ブロックコミュニティ「WBC共育構想」により、小中学校、5自治会、小中PTAとの組織的連携への理解が深まり具体的な協働施策が進んでいる。
2)全国コミュニティ・スクール研修大会で、西中の取組みが評価され、先進校として全国から視察・研修が増加し、地域・PTAの再評価につながった。
3)西中ブロックコミュニティとしての総合的な共通目標・課題への取組み、実践が課題となってきた。 学校、自治会・地域、PTAの役割を整理し、組織的連携でのマネジメントサイクルを進め成果を共有する仕組みづくりも必要になっている。
平成24年 ・第1回全国コミュニティ・スクール研修大会
・東日本大震災「石巻・学校と社会との協働教育をめざす教育フォーラム」への参加
平成25年  ・西中ブロック「ワールドカフェ」開催
・東日本大震災「石巻・学校と社会との協働教育をめざす教育フォーラム」への参加
平成26年 

・西中ブロック「ワールドカフェ」開催
・西中ブロック「防災訓練」小中連携、5自治会合同企画
・春日市六中・生徒会サミットに参加

西中コミュニティ・スクール推進委員会を強化し、サポート地域本部は実働体制を固め、サポート会議で、学校・地域・PTAの支援活動を総合的に調整することを進めようとしている。

平成27年

・コミュニティ・スクール取組み10周年目を機に、9年間を総括し、今後の方向性と中期計画を検討する。

・西中ブロックの学校支援地域本部として、組織・機能・運営を強化する。

・「9年間の検証と今後の展望を考える」まとめの作成、運営協議会での確認

平成28年 ・春日西中学校コミュニティ・スクール10周年記念式典 春日西中学校の職員、PTA、星雲会(職員、PTAのOB)、西中地域後援会、自治会、地域貢献者などが参集し10周年記念式典を開催した。
3.春日西中校区(WBC)のコミュニティ・スクール協働ネットワーク