(目次) □子ども育成協働ネットワーク □コミュニティ・スクールとは? □学校運営協議会  □地域学校協働本部
地域学校協働本部
 地域学校協働本部とは、従来の学校支援地域本部等の地域と学校の連携体制を基盤として、より多くのよ り幅広い層の地域住民、団体等が参画し、緩やかなネットワークを形成することにより、地域学校協働活動 を推進する体制として、平成 27 年の中教審の答申で提言されたものです。なお、連携の体制は様々な形態 があり得るため、地域学校協働本部について法律上の規定はありません。
地域学校協働本部の整備にあたっては、従来の学校支援地域本部等を基盤として、地域による学校の「支 援」から、地域と学校双方向の「連携・協働」を推進し、「個別」の活動から「総合化・ネットワーク化」 へと発展させていくことを前提とした上で
 @コーディネート機能
 A多様な活動(より多くの地域住民等の参画による多様な地域学校協働活動の実施) 
 B継続的な活動(地域学校協働活動の継続的・安定的実施)
の3要素を必須とすることが重要です。
学校支援地域本部等から地域学校協働本部への発展
学校支援地域本部等が既に構築されている地域においては、その体制を基盤として、コーディネート機能 の強化、より多くの地域住民等の参画による多様な活動の実施、活動の継続的・安定的実施を目指して、地 域学校協働本部へと発展させていくことが期待されます
 
(事例)地域学校協働本部会議
ある中学校では、学校運営協議会で検討・熟議された学校の教育目標、学校運営・事業の計画を円滑に遂行するために、実行計画やスケジュール、役割分担などの協議・調整の場として地域学校協働本部会議を開催している。
具体的には、学校運営協議会で協議・確認・報告されたことの報告、学校・地域の行事計画の確認、行事や活動に関する支援ニーズの確認、役割分担と作業の連携・調整を行い実行に移す。
□参加者は、地域自治会役員、学校管理職・担当職員、地域学校協働本部地域コーディネーターなど