はるびボランティアの主旨

「自然にやさしく、いきものにやさしく 人にもやさしく」をテーマにボランティア活動を続けています。
高齢者・障がい者をはじめ地域の方々に対するパソコン・インターネット教育の支援活動を通して生活ネットワークづくりや情報格差の防止に取り組みます。
「はるびボランティア」は、“春日=はるび=さわやかな春の日和”のように、元気で明るい支援活動を続けたいと考えています。

   IT情報時代は、身体や言葉にハンディーがある方やシルバーの方ほどパソコンやインターネットを使って、在宅のまま色々多くの情報が取れるし、役所への登録・申請などの手続き、銀行口座管理・振込みなどができて便利。
しかし
◇パソコンやソフトを持たない
◇持っていても上手に使えない
◇使われている言葉が解らない
など・・・と、そんな悩みが多い方々を支援します。
   IT関連も含めて得意な知識や技術を活かしてボランティア活動をしている方とそのようなボランティアの支援を必要としている方との情報交流の場です。
   代表者  森松重剛
 組織の概要
   「はるびボランティア」は、2000年7月に「伊都の風ボランティア」を設立し、障がい者・高齢者のパソコン教室・自宅支援ボランティア活動としてスタートしました。2006年5月に、組織名称を「伊都の風ボランティア」から、「はるびボランティア」に変更して、地域ボランティア活動としての輪を広げています。
   
 
◇活動開始 2000年7月
◇代表者 はるびボランティア会長 
森松重剛
 ・資格:「福岡県地域ITリーダー」
◇事務所 福岡県春日市泉3丁目87
E-mail npo@mimnet.jp
◇参加組織 春日市社会福祉協議会ボランティアセンター
糸島地区ボランティア派遣事務局
   
 活動の紹介
   ◇高齢者向けのパソコン教室の継続的実施
  1)初級者向けのパソコン教室
・ワード、エクセル、メール、インターネット、デジカメ操作、画像処理など、すぐ役に立つ実践  的カリキュラムで学習
・10月〜12月は、年賀状作成が定番カリキュラムになっている。
・いきいきフェスタで体験コーナーでの申込み以降、新規入会が増えてきた
・インターネット、メールでは、インターネット接続環境の整っているはるびボランティア事務所  で学習。
  2)出向きパソコン支援活動
  障害者の自宅を訪問し、パソコン操作、インターネット活用の支援活動。
・パソコン操作の基本、ワード初級、メールの送受信など日常生活に役立つカリキュラムに絞込み ・高齢者の自宅訪問では、インターネット接続上のトラブル修復、メールやインターネットの基本  設定の確認・修正、トラブル対応など、自宅での学習環境の整備が主な仕事
  3)障がい者のパソコン教室
  高齢者のパソコン教室終了後、障害者向けのパソコン教室を継続的に実施。
パソコン操作の基本、ワード初級、メールの送受信など日常生活で活用できるカリキュラムに絞  込み。
インターネット、メールでは、インターネット接続環境の整っているはるびボランティア事務所  で学習。
   
   ◇有機野菜販売事業
  1) 高齢者の食生活改善を目的として、無農薬有機野菜の販売
   ・春日市のいきいきフェスタで、「無農薬有機栽培野菜」の販売(毎年10月第2日曜日)
  2)高齢者の健康維持のための食生活改善セミナーの開講